ヴィゼルの下取り額をそのまま信じてはいけない

MENU

ヴェゼルの下取り額をそのまま信じてはいけない

車の下取り価格というものは走行した距離よってだいぶ左右します。

10万kmを超えた車では下取り価格に期待はできないです。

けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら下取り価格が高価になりやすいです。

実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断になるわけです。

ここ数年では、出張をして査定をする車買取業者が多くなってきていますよね。

指定した時に自宅へ査定する業者のスタッフが来て、車の状態を調べて査定を行うものです。

その査定額にご納得できるようであれば、車を売る契約の手続きをして、車は業者へ引き取られていき、買取額は数日後にご自身の口座へ振り込まれます。

中古車査定は市場の人気に大きく左右されるので、人気の高い車であればあるほど高い値段で売ることができます。

重ねて、良い部分を次々加点する査定方法を導入していることも多く、高い値段で売ることが出来る目処が高いです。

こういうことから、下取りよりも車査定で売る方が良いことだといえます。

自分の車にできたこすり傷や故障個所は、根本的には何も改善させずに査定してもらうよう提出しましょう。

気になる傷や壊れた個所があるならば、その分だけ査定額は低評価になってしまいます。

しかし、かすり傷や故障は、買取業者が自社で調整したり、直したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。

マイナス査定で減らされる金額よりも、直す金額の方が高くついてしまいます。

愛車を高額で手放したいのなら、下取りにするのではなく買取を選択するようにしましょう。

買取を選択した方がより得することが多いです。

それに、事故車、故障車の売却希望の際は、下取りにすると評価が低いため、プラスどころか、廃車の費用を求められることもあるでしょう。

ですが、買取なら専門の業者を選べば、ストレートに買取してもらうことができます。

 

 

>>ヴェゼル買取査定相場はこちら<<